バックナンバー

厚揚げのきのこあんかけ

体の免疫機能を整える

 

○調理時間:10分
○エネルギー:約210kcal
○塩分量:1.3g(1人分)

花粉症は免疫機能の過剰反応の一つなので、免疫機能を整えることが症状の改善につながります。豆腐から作られる厚揚げには、消化しやすい良質なたんぱく質が豊富です。また、きのこには食物繊維が多く含まれるため、腸内環境を整え、免疫機能を高める効果が期待できます。

 

材料(2人分)

厚揚げ…1丁
シメジ…1/2パック
椎茸…3個
エノキダケ…1/3袋
レンコン…4cm
青ネギ…1本
だし汁…1カップ
酒…大さじ1
しょうゆ…大さじ1
みりん…大さじ1
片栗粉…小さじ1

 

作り方

(1)鍋に湯をわかして厚揚げを入れ、沸騰したら火を止め、フタをしてそのままおいて中まで温める。

(2)シメジ、椎茸、エノキダケは石づきを取り、食べやすい大きさに切る。レンコンは皮をむいてイチョウ切り、青ネギは3cmに切る。

(3)別の鍋にきのこ類とレンコン、青ネギ、だし汁、酒、しょうゆ、みりんを入れてひと煮立ちさせる。

(4)片栗粉を大さじ1の水(分量外)で溶いて(3)に入れてとろみをつける。

(5)(1)の厚揚げを取り出して食べやすい大きさに切り、(4)のきのこあんをかける。

 

<イラストレーション>
木暮雅子

▲ このページのトップへ戻る