RSS

ブログ

2017/03/06

城崎温泉♪

こんにちは^^
先日、城崎温泉に行ってきました!
お目当てはこの時期旬のカニです☆
旅館の料理はカニづくしでとても美味しくて大満足でした♪
その日は寒くなかったので、夜に外湯めぐりもしたのですが
風情があって最高でした^^

今日はカニについての健康情報です!
日本人に人気の食材であるかに。かには、他の魚と比べても、高タンパク、 低カロリーであり、種類によって違いますが、良質のタンパク質を15~20 %も含み、脂質や糖分はほとんど含まず、ダイエットに適した食品です。

かにをゆでると赤くなるのは、強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンと いうカロチン色素のためで、カロチンは摂取すると体内でビタミンAに変わり、動脈硬化やがんの予防、老化を抑えるなどの効果があります。

またかにには、アミノ酸の一種のタウリンが豊富に含まれています。タウリンは、血圧を正常にし、心肺機能の強化、貧血の予防、悪玉コレステロールの減少に効果があるほか、肝臓の強化、胆石や動脈硬化の予防、疲労回復や視力の向上、生活習慣病(成人病)の予防などにも有効です。

さらにかにの殻には、キチンやキトサンといったキチン質が大量に含まれています。かにに含まれるキチン質は、体の自然治癒力を高め、免疫力を増強し、血圧を下げる作用があります。また、血中コレステロールを下げる作用も確認され、ガン、肝炎、アレルギー疾患、糖尿病、腎臓病、心臓疾患、 白内障、神経痛などに効果があると言われています。

またかにの殻には、カルシウムが豊富であり、殻ごと食べられる沢がになどは、有効なカルシウム源となり、骨粗鬆症の予防、ストレスの抑制に効果があります。

« 前の記事 いちごのクレープ

▲ このページのトップへ戻る